So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

居酒屋の窓から男性転落死 業過致死の疑いも(産経新聞)

 東京都多摩市落合の雑居ビル6階にある居酒屋で9日夜、窓から客の40代の男性が約15メートル下の踊り場に転落し、間もなく死亡した。転落防止の柵などはなかったといい、警視庁多摩中央署は10日、男性を司法解剖して死因を調べるとともに、業務上過失致死の疑いもあるとみて捜査している。

 同署の調べでは、窓は座敷の床から約50センチの位置にあり、縦、横とも約1・5メートル。窓の中央にある縦軸を中心に回転する構造だった。同店の従業員は「炭火焼きの煙が店内に充満し、窓を約10センチ開けていた」と説明しているという。

 同署によると、男性は9日、会社の同僚約50人と宴会をしており、宴会が終わった午後9時10分ごろ転落したという。転落の目撃者はいないという。

 現場は京王線と小田急線の多摩センター駅前。

【関連記事】
港区、シンドラー社提訴へ 「エレベーター交換で損害」 男子高生死亡
業務上過失致死容疑で送検の医師ら4人を起訴猶予 青森の誤投薬事件で
「安全確認怠ってない」 交通死亡事故で無罪判決
救急搬送の妊婦死亡 業務上過失致死容疑で当直医送検
汚水槽点検2人死亡、社長を逮捕 安全対策怠った疑い
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

引っとらえびせん、どうぞ=振り込め電話「お菓子いぞ」―警視庁(時事通信)
秘書官、厚労省からも起用=6人体制に増強―菅首相(時事通信)
はやぶさ カプセル輝きながら地球帰還…発光現象撮影(毎日新聞)
<ひき逃げ>成田空港内でデルタ航空社員死亡(毎日新聞)
止まらぬ感染拡大、10年前の成功で油断(読売新聞)

首相、29日から訪韓 北問題で中韓と協議(産経新聞)

 平野博文官房長官は28日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が29、30両日、韓国・済州島を訪問することを正式に発表した。首相は李明博大統領と会談するほか、中国の温家宝首相を交えた日中韓首脳会談を行い、北朝鮮による韓国哨戒艦沈没事件について意見交換する。日韓が連携し、北朝鮮への圧力に慎重な中国をどこまで説得できるかが焦点だ。

 首相は29日の日韓首脳会談で、哨戒艦沈没事件の国連安全保障理事会への問題提起を目指す韓国の立場を支持。米国も含めた3カ国の連携で、対北朝鮮包囲網の構築を目指す考えだ。日中韓首脳会談は2日間にわたって行われ、29日は経済分野や人の交流などに関する3カ国の協力策が議題となる。

 北朝鮮問題を話し合う30日の会談では、日韓と中国の温度差が焦点。中国は、哨戒艦沈没事件で関係国に「冷静で適切な対応」を呼びかけ、6カ国協議の早期再開を目指す立場。これに対し、日韓はすでに、北朝鮮に対する独自の対抗策、制裁策をとっており、6カ国協議についても「何ごともなかったように開くことにはならない」(岡田克也外相)と主張している。

【関連記事】
首相「日本が先頭で走る」 韓国哨戒艦沈没で安保理決議
「しっかり戦う」と首相 韓国哨戒艦沈没で
米国務次官補が「次の日本の首相は誰?」 平沢氏、会談時の逸話披露
哨戒艦事件 政府、対北追加制裁検討など確認
韓国艦沈没事件で対応協議 鳩山首相
iPadが上陸

NHK初の強制執行 受信料不払い5人に(産経新聞)
刑務官暴行 「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及(毎日新聞)
<地震>岩手、宮城で震度3=午前7時39分(毎日新聞)
対外純資産、最高を更新=世界一堅持、266兆円―昨年末(時事通信)
「ぎりぎりまとまれるか」…閣僚から懸念の声(読売新聞)

ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意(産経新聞)

 インターネットを利用した選挙運動の解禁を検討してきた与野党実務者協議会は26日、今夏の参院選から解禁するため、公職選挙法改正案(ネット選挙解禁法案)の今国会成立をはかることで最終合意した。候補者と政党に限って選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新を認める。近く公選法改正案を国会に提出し、全会一致で6月上旬に成立させる方針だ。

 ネット選挙解禁に伴い、どんな書き込みが違反行為になるかなど具体的な指針を策定することでも一致した。

 参院選からネット選挙を解禁するには20日間の周知期間が必要で、今夏の参院選の公示日は6月24日と予想されており、これに間に合わせるには同4日までに成立、公布しなければならない。ただ、終盤国会で与野党の対立が激化すれば成立が遅れ、間に合わない可能性もある。

【関連記事】
ネット選挙解禁、結論持ち越し 自民の反発で
ネット選挙運動の一部解禁 若者投票率アップに期待
ネット選挙運動「解禁賛成」が過半数
サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実
ネット選挙解禁に難問浮上 21日に最終判断
虐待が子供に与える「傷」とは?

個人情報記録のディスク紛失=相談者ら97人分入力―広島法務局(時事通信)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
大阪高裁元職員が非弁活動、近く地検特捜部聴取(産経新聞)
高松港に「太平洋の白鳥」登場 船の祭典2010開幕(産経新聞)
阿久根市長を刑事告発も=職員降格処分取り消し判定を無視―鹿児島(時事通信)

元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)

 たちあがれ日本は、夏の参院比例選に、元プロ野球・読売巨人軍の中畑清氏(56)を擁立する方針を固めた。

 中畑氏は9日、読売新聞社の取材に対し、「かなりの確率で出馬することになる。人生のタイミングとして(政界入りを)考えていた」と述べた。11日にも都内で記者会見し、正式に出馬表明する見通しだ。

 中畑氏は福島県出身。1976年に巨人に入団して内野手として活躍し、89年に現役を引退した。2004年のアテネ五輪では、病に倒れた長嶋茂雄監督に代わって日本チームの指揮を執り、銅メダルに導いた。

普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
鳩山首相、23日沖縄再訪で調整=普天間、政府案説明へ(時事通信)
太宰治賞に今村夏子氏(時事通信)
着服した金を返すために着服 日本フリーザー元総務部長を逮捕(産経新聞)
<男性遺体>死因は脳の損傷 事故の可能性も…愛知・半田(毎日新聞)

「ペコちゃんは国民的アイドル」盗んだ元暴力団幹部に求刑6年(産経新聞)

 和歌山市や大阪市などの不二家からペコちゃん人形が相次ぎ盗まれた事件で、窃盗などの罪に問われた住居不定、指定暴力団山口組系組元幹部、稲葉洋被告(43)の論告求刑公判が22日、和歌山地裁(國分進裁判官)であった。検察側は「人形は国民的アイドルで社会に与えた影響は大きい」として懲役6年を求刑。弁護側は「(子供たちの)夢を壊したことを反省している」と寛大な処分を求めた。

 この日の被告人質問で稲葉被告は、裁判官に動機を聞かれ「遊ぶ金や覚醒(せい)剤を買う金のためにやった」と説明。犯行時の心境を「店の看板を取られて気分悪いやろなとは思った」と述べた。

 論告によると平成20年5月〜21年2月、不二家11店舗からペコちゃん人形計10体(計59万円相当)を盗んだとしている。

【関連記事】
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
「みかじめ110番」はヤクザムヨー(893640) 愛知県警
暴力団工藤会が「迷惑かけません」看板 新事務所、牽制狙いか
企業食い尽くすハイエナ 「クロちゃん」の10年
【衝撃事件の核心】“シノギ”はペコちゃん人形? “お宝”狙った暴力団幹部
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待−政府(時事通信)
交番の巡査長、落とし物の財布から1500円横領 落とし主は6歳児(産経新聞)
大仏さまも花見どうぞ 東大寺(産経新聞)
普天間問題 来月末の合意断念 官房長官、首相引責に予防線 米、柔軟姿勢も(産経新聞)
「手当より仕事」自民、参院選で公約案(読売新聞)

事業仕分け 調査員の1年生議員、力量試される?(毎日新聞)

 23日に始まる事業仕分け第2弾。4月上旬、09年の衆院選で大量に当選した新人議員や1期目の参院議員計95人が「仕分け調査員」となり、行政刷新会議の調査対象外だった872公益法人を調べた。議員の間には「どれくらい仕事ができるか、我々も仕分けされるのでは」とのうわさもあったという。新人議員にとっては、生き残りへ向けた試練の場でもあったようだ。【曽田拓】

 議員は10グループに分かれ、約10日間調査した。12日に開かれた報告会で、枝野幸男行政刷新担当相は「期待し、予想した以上の実態を把握していただいたと漏れ伝わってきています」と新人議員らをねぎらったが、井戸正枝衆院議員(兵庫1区)は同僚の女性議員とこんな話をしたという。「枝野さんたちは(調査対象の問題点を)把握しているのでは。我々が、たどりつけるか見てるのかも」

 井戸議員らは厚生労働省と外務省所管の公益法人を担当。3法人を回り「不要と思われる講習会など、資格関係の事業に無駄を感じた」という。調査員が一堂に会した報告会を振り返り「個性のある発表を聞くと、勉強になった」と、調査参加の別の意義も語った。

 田中美絵子衆院議員(比例北陸信越)のグループは厚労省や環境省所管の公益法人を担当。研究費として出ている補助金を人件費に使っている例などを確認した。「ある法人の天下り幹部の月給が82万円。そういう事実を素直に驚く新人議員ならではのフレッシュさを大切にしたい」。このグループでも「我々が仕分けられないよう、一つでも(報告が仕分けに)取り上げられたい」との話が冗談交じりに飛び出した。

 経済産業省出身で、防衛省への出向経験もある三村和也衆院議員(比例南関東)のグループは、両省所管の法人を担当。三村議員は「役所の論理では見えないものを探れた」と振り返った。

 新人議員からは「報告の上手な議員を見ると『地元でしっかりタウンミーティングをしてるんだろうな』と感じた」との声も上がり、同期への対抗意識もうかがわせた。

【関連ニュース】
<関連記事>事業仕分け:第2弾は47独法 JICA、入試センターも
<関連記事>枝野担当相:「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補
<関連記事>第1弾事業仕分けで活躍した蓮舫参院議員 映画PRで「仕分けられない」
<関連記事>事業仕分け:09年流行語大賞でトップ10入り
<関連記事>事業仕分け:強化費縮減…「切り捨てに憤り」 北京五輪銀メダリストの太田ら会見

首都圏で保育士足りない…地方へ求人活動も(読売新聞)
外国人介護士候補者の滞在期間「もう少し長く」―仙谷担当相(医療介護CBニュース)
舛添・東国原氏、15日にも会談…新党視野か(読売新聞)
10歳で漢検1級!…最年少タイ、小5・西村君(読売新聞)
<転落死>マンション12階から4歳児 千葉・印西(毎日新聞)

オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)

 漁獲されても、ほとんどが養殖魚や釣りの餌に使われてきたツノナシオキアミの「素干し」が登場。東京・築地市場(中央区)でも取引されるようになり、食材としての需要増に期待が高まっている。
 同市場で素干しを扱う卸会社「第一水産」によると、取引するオキアミは宮城県産。同県石巻市の水産加工会社「三興」が今年、大型の乾燥機を導入し量産化を図ったことで、2月下旬から築地で卸売りされてきた。
 日量の取引は2〜3トンほどで、卸値は1キロ当たり900円前後。以前から入荷しているオキアミの煮干しに比べ2倍近くの値段。第一水産の担当者は、「煮干しより水分が少ないため保存性が高く、小エビのような素材感が味わえる」といい、人気は上々だ。
 香ばしい風味で、お好み焼きや焼きそばの具、せんべいの材料などとして、この先需要が伸びそうだ。小売店では、つくだ煮などの加工品のほか、素干しがそのままパック売りされることもあるという。
 漁期は終盤を迎え、築地市場での卸売りはほぼ終了したが、仲卸での販売や仕入れた市場外の業者が在庫を持っているため、しばらく小売店で手に入れることができそう。 

石原知事、平沼新党から参院選出馬構想…幻に(読売新聞)
「よく分からないけど」谷垣氏「つぶやき」総裁に(読売新聞)
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に−成田空港(時事通信)
発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡−福岡(時事通信)
外相・米大使、普天間調整で15日にも会談(読売新聞)

【くらしナビ】ユニ・チャーム 開発8年、働く女性の救世主(産経新聞)

 □グローバル開発本部商品開発部マネージャー 八巻(やまき)孝一さん(37)

 タンポンは装着に抵抗感があるが、ナプキンは「もれ」が心配。そんな悩みに答える商品が好評を得ている。挟むだけという装着の気軽さに加え、もれの恐れを軽減し、流せる生理用品「シンクロフィット」だ。

 「ナプキンは出口をくっついたり離れたりするので、経血が体に伝うなどして広がってしまう。一方シンクロフィットは体の動きと同調(シンクロ)することで、密着(フィット)し、もれを防ぎます」

 「挟み続ける」ことを可能にしたのが、アジア人女性の体に合わせた絶妙なサイズ。「対象をよく知らないと製品は作れないので、もしかしたら女性よりも女性の体にくわしいかもしれません」。研究者としてのきめ細やかさが、製品の誕生につながった。

 開発にトータル8年。最初の4年は前身の商品「ボディピース」開発で基礎を確立し、後の4年で最大の特徴である水洗化にこぎつけた。「液体を吸収するくらいの強度をもちながら、流したあとは大量の水による物理的な衝撃で繊維がほどけ、バラバラになるようなバランスをとるのが難しかった」と振り返る。

 もっともこだわったのは、肌触りのやわらかさ。水に流せるものといえばトイレットペーパーを思い浮かべるが、生理用品がその感触では困る。素材の不織布の試作品だけで40〜50個ほど作り、試行錯誤した。現在の部署に配属される前に不織布の研究をしていた経験が役立った。

 シンクロフィットは立ち仕事の人向きとPRしている。「介護ヘルパーの方から、こういう商品を待っていましたと手紙をいただいたときは、非常にうれしかった。作ったかいがあったとしみじみ思いました」。介護ヘルパーは、もれが気になる白系の服装が多く、体勢もよく変える仕事。トイレへも頻繁に行けないこともあり、まさにこの商品が向いている。

 「生理中でも楽な気持ちを提供したいという思いを込めた。もれの心配がある人、生理が憂鬱(ゆううつ)だという人に使ってもらいたい」(河西沙英子)

普天間「八方ふさがり」…首相責任論、不可避に(読売新聞)
<高速割引財源>道路建設転用は1.3兆円 政府方針(毎日新聞)
憲法改正「賛成」減少43%、「反対」と拮抗(読売新聞)
「お金を出してください…。強盗です…」気弱すぎる36歳男、自ら警察に出頭(スポーツ報知)
渡辺政秋氏死去=胎児性水俣病の初認定患者(時事通信)

「自分があやめた」と供述=30代の韓国人、身元特定急ぐ−スーツケース遺体事件(時事通信)

 金沢市二俣町のがけ下で、頭部のない女性の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された自称無職飯沼精一容疑者(60)=金沢市安江町=が「女性は30代の韓国人。自分があやめた」などと供述していることが2日、石川県警金沢中署捜査本部の調べで分かった。
 飯沼容疑者は「自分が手に掛けたのは間違いない」とも話しており、捜査本部は殺人容疑も視野に捜査している。遺体遺棄現場付近などで押収した刃物数点についても、事件で使われた可能性もあるとして調べている。
 捜査関係者によると、飯沼容疑者は女性について、雑誌の紹介広告を介して、昨年春ごろに知り合った風俗店店員と供述。仕事上の名前しか把握しておらず、身元の特定作業は難航しているという。 

【関連ニュース】
スーツケース遺体事件で男出頭=50〜60代、遺棄ほのめかす
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害
頭部、鋭利な刃物で切断=遺棄は22日夜以降か
パチンコ店から300万円奪う=男2人、店長ら縛り景品も
殺人容疑で男逮捕=面識なく突然刺す

「誠に遺憾」日弁連会長がコメント 中国の死刑執行(産経新聞)
将棋の女流清水二冠、コンピューターと対局へ(読売新聞)
23歳下の男性にストーカー容疑、63歳女逮捕(読売新聞)
男6人を殺人容疑で再逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)
<雑記帳>「アキヒメ」で支笏湖の新ご当地グルメ(毎日新聞)

<北海道4児死亡>車内に使い捨てライター、紙に引火か(毎日新聞)

 北海道厚沢部町社の山で2日夜、乗用車内に残された乳幼児4人が死亡した車両火災で、道警江差署は3日、燃えた車を同署に移送し、検証を始めた。運転していた父親の話では、車内には使い捨てライターのほか、紙くずやおむつなどが散らかっていたといい、何かしらの原因で引火して車内から燃え広がった可能性があるとみて調べている。

 同署によると、死亡したのは函館市桔梗1、無職、棚橋智也さん(24)の▽長女歩夏(あゆか)ちゃん(3)▽長男旬汰(しゅんた)ちゃん(2)▽双子の男児の諒央(りおん)ちゃんと翔央(かおん)ちゃん(ともに7カ月)とみられる。4日に司法解剖して詳しい死因を調べる。

 江差署に運ばれた車は、グレーだった車体の色も分からないほど変色し、内部はシートも含めほとんどが燃え尽きていた。現場の町道は路面が黒く焼け焦げ、窓ガラスの破片が散らばっていた。

 同署の調べでは、火災は棚橋さんが厚沢部町の実家に立ち寄り、エンジンをかけたまま家の前に止めた車に子供を残していた約30分間に発生。厚沢部消防署員が到着した時は、火柱が上がり、車は激しく炎上していた。棚橋さんは「子供が寝ていたので車内に残した。ドアのロックはしていなかったと思う」と話しているという。

 また棚橋さんは出火に気づき、左右のスライドドアを開けて3列シートの2列目にいた諒央ちゃんと翔央ちゃんをチャイルドシートごと引き出そうとして右手に軽いやけどを負ったという。歩夏ちゃんと旬汰ちゃんは、3列目のシートに折り重なって倒れていた。

 近所の住民によると、棚橋さん一家は、たびたび棚橋さんの母親や祖母が住む実家を訪れていた。妻の季(ゆき)さん(21)は、仕事のため函館市内で車を降りていた。【水戸健一、岸川弘明、佐藤心哉】

【関連ニュース】
火災原因:ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査

<年金>2人が2000万円超回復へ 記録見つかり(毎日新聞)
「弘道会特別対策室」を設置=幹部摘発、資金源根絶狙う−愛知県警(時事通信)
奥田民生の“宅録”音源が3 時間30 分後にケータイで聴ける!10 回連続企画の第1 弾は「最強のこれから」 株式会社レコチョク
点検担当者2人を不起訴に=13人負傷コースター事故−福岡地検支部(時事通信)
産経志塾「立派な日本人が日本をつくる」(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。