So-net無料ブログ作成

ネット選挙運動、参院選から解禁で最終合意(産経新聞)

 インターネットを利用した選挙運動の解禁を検討してきた与野党実務者協議会は26日、今夏の参院選から解禁するため、公職選挙法改正案(ネット選挙解禁法案)の今国会成立をはかることで最終合意した。候補者と政党に限って選挙期間中のホームページ(HP)とブログの更新を認める。近く公選法改正案を国会に提出し、全会一致で6月上旬に成立させる方針だ。

 ネット選挙解禁に伴い、どんな書き込みが違反行為になるかなど具体的な指針を策定することでも一致した。

 参院選からネット選挙を解禁するには20日間の周知期間が必要で、今夏の参院選の公示日は6月24日と予想されており、これに間に合わせるには同4日までに成立、公布しなければならない。ただ、終盤国会で与野党の対立が激化すれば成立が遅れ、間に合わない可能性もある。

【関連記事】
ネット選挙解禁、結論持ち越し 自民の反発で
ネット選挙運動の一部解禁 若者投票率アップに期待
ネット選挙運動「解禁賛成」が過半数
サイバー選挙戦へ準備着々 ネット業界「解禁」見込みサービス充実
ネット選挙解禁に難問浮上 21日に最終判断
虐待が子供に与える「傷」とは?

個人情報記録のディスク紛失=相談者ら97人分入力―広島法務局(時事通信)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
大阪高裁元職員が非弁活動、近く地検特捜部聴取(産経新聞)
高松港に「太平洋の白鳥」登場 船の祭典2010開幕(産経新聞)
阿久根市長を刑事告発も=職員降格処分取り消し判定を無視―鹿児島(時事通信)

元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)

 たちあがれ日本は、夏の参院比例選に、元プロ野球・読売巨人軍の中畑清氏(56)を擁立する方針を固めた。

 中畑氏は9日、読売新聞社の取材に対し、「かなりの確率で出馬することになる。人生のタイミングとして(政界入りを)考えていた」と述べた。11日にも都内で記者会見し、正式に出馬表明する見通しだ。

 中畑氏は福島県出身。1976年に巨人に入団して内野手として活躍し、89年に現役を引退した。2004年のアテネ五輪では、病に倒れた長嶋茂雄監督に代わって日本チームの指揮を執り、銅メダルに導いた。

普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
鳩山首相、23日沖縄再訪で調整=普天間、政府案説明へ(時事通信)
太宰治賞に今村夏子氏(時事通信)
着服した金を返すために着服 日本フリーザー元総務部長を逮捕(産経新聞)
<男性遺体>死因は脳の損傷 事故の可能性も…愛知・半田(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。